ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「ダイビング 資格」
に関連するツイート
Twitter

RT @pro1200gs: 6月の某資格試験合格してた! 合格率2割くらいで手応えなかったけどよかった(≧∇≦) 再受験しなくて済むから気兼ねなくダイビングいけますな!

返信先:@KarinaK37 はい(^O^) 20年前ですが最初はダイビングのプロ資格を取るためにプーケットへ渡り、そのまま3年半ほど居着いちゃいました(^-^) その頃今の嫁さんと知り合い、もうちょい稼ぎを良くしないと、でバンコクで働きましたが2年ほどしたら実家の都合で帰国(T-T)

将来的にやりたい事、これがそう? これもひとつだったりする? 今持ってるダイブマスターの資格をインストラクターの資格に昇格させて、ろうの方のダイビングのフォローして海の中で手話で会話する。 手話も続けてるの?上の資格目指してるの? #大倉くんと高橋くんと安田くん

平凡な毎日なんか過ごしたくないなあもっとすごいことをしたいでもその何かが見つからなくて一生懸命探してるんだけど中々見つからないとりあえず今年中にずっと気になってた資格を取って来年ダイビングライセンスを取って再来年は外国へ行き自分に今何が必要なのかを見つけれたらいいなあって思ってる

ほんとに耳がきこえない方でもダイビングとかできたらいいよね ((だから手話検定もとってダイビング資格もとったのかな???)) #大倉くんと高橋くんと安田くん 安来週もきてほしい‼

ダイビングのインストラクターの資格を取ろうとしてるヤス 優「鮫にあったりするんですか」 安「何度も会ったことある」 優「え、鮫に会ったらどうするんですか!?」 安「睨む」 睨む!?笑 #大倉くんと高橋くんと安田くん #関ジャニ#大倉忠義 #安田章大

ヤスくんダイブマスターの資格持ってて ゆくゆくはインストラクターの資格を取得して 聾唖者でもダイビング出来る会社 (株)ヤスダマリンを経営したい ヤスくんめっちゃいいなぁww

Twitterkonsome@オタ充爆発@konsome1100jp

返信 リツイート 0:54

サメの後ろ…?追いかけられてるヤスを想像してしまった笑 確かジャニストの照史はスキューバダイビング資格の中でも救助できる資格取ったと言ってたような… #大倉くんと高橋くんと安田くん

ヤスくん、ダイビングへの思いを熱く語り、インストラクターの資格取りたい、聴覚障害の方がダイビング出来るような仕組み作りたい 会社作りたいとのこと。 大倉くん「お前辞めんの?」 笑

ダイブマスターの資格を持ってるヤスくん。今はダイバーのインストラクターの勉強してるヤスくん。 耳の聞こえない方がダイビングできるような会社立ち上げたい。 会社名は「安田マリーン」 (`ヽ´)副業アカンから!!

ダイビングの国内人気スポット

ダイビングの国内人気スポット

夏場のレジャーと言われて思いつくものの一つには、必ずダイビングがあがるでしょう。神秘的な海底の非日常感はレジャーにはまさにピッタリです。
そんな人気高いダイビングのお勧めスポットをいくつかご紹介しましょう。
今や国内海さえあれば色々な場所で楽しむことができますが、もし休みをとることが出来るならばぜひ沖縄に足を運んでほしいと思います。
中でも沖縄本土ではなく離島の宮古島や石垣島ならばさらにお勧めです、海は非常にきれいで、気温も高いので本土ではまだ寒い春からでも海に入ることが出来ます。
また、観光地でもありますので、旅行を楽しみつつダイビングを楽しめます。
宮古島や石垣島の海底には非常にきれいなサンゴ礁が存在し、色とりどりの魚の群れや運が良ければウミガメやマンタにも遭遇するかもしれません。ダイビングをしたくて本土から移住してきた人たちも沢山います。
ぜひ一度国内の人気スポットである石垣島や宮古島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ダイビングの資格について

 ダイビングには特別な資格が必要で、取得までにはお金と時間がかかるというイメージがあります。
しかし、ダイビングを始めるだけならそのようなものは必要ありません。ライセンスがなくても海に潜ることはできるのです。
ライセンスがなくてもできるものは体験として行うものです。これは、水中で呼吸さえできれば、あとはインストラクターに全てを任せることができます。
このような体験のみなら誰にでも海に潜ることができます。一方で、資格が必要な場合は、インストラクターに任せていた部分を自分1人で行うことができるということです。
この資格は「オープンウォーター・ダイバー資格」といい、取得者が楽しむものを「ファンダイビング」といいます。
このファンダイビングを続けることにより、スキルを磨き、より上級者向けの海に挑戦できたり、海の生き物たちに近づくことができます。
このように、ライセンスなしでも体験はできますが、より楽しむためにはライセンスが必要でしょう。