ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「ダイビング 資格」
に関連するツイート
Twitter

海中や湖中に部屋がある水中ホテルや水槽ホテル tg.tripadvisor.jp/news/advice/un… ダイビング資格がないとチェックインできない部屋とかあるww

ダイビングは難易度も装備もお高いわ… 何が2日間で資格取れるだぁーヾ(๑`Д´๑)ノ 🍙ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”(( _ _ ))..zzzZZ 海風に当たりながらお昼寝…。 午後は海の幸食べにゆく予定って言ってた!🐳🐠🐡🐙🐟🐬

Twitterおひめはプルトニウムちゃん@PacificTurfingK

返信 リツイート 12:07

(橫尾)僕はあれですね、まさに今チャレンジ中なんですよ。今あの、海の世界を見たいと思いましてこの番組でスキューバダイビングのライセンスの資格を…[2016.04.17]

Twitter横尾渉ワンだランドbot@yokoo_wandaland

返信 リツイート 6:59

返信先:@monsterNEON96 渡航歴で言ったら50回くらいになるのかな?インド、インドネシア辺りは何度も行ってるので👀 サイパンに船で行った経緯が超気になります。激レア〜🤣🤣🤣 ちなみに、私はダイビングのオープンウォーターライセンスはサイパンで取りました😁その上の資格はバリ島だけど🏝

返信先:@heartomato1 そうなんです!ダイビング資格も学校の単位も取れて、友達と旅行感覚で行けてかなり良い話なんです😊 泳げなくても出来ます!!丁寧に教えて頂けますし誰でも出来ますよ!体育の成績2寄りの3の私が出来たのだから… ありがとうございます、、ハートマトさんのおかげでよりラジオが楽しくなります!

Twitterおちょぼのリャマ@otyobo_ryama

返信 リツイート 昨日 23:46

返信先:@starsRberry ダイビング!!!資格ないとできないやつ!!!いいねいいねー!!

Twitterれじぇんど@みんなドルフロやろ?@leg__end

返信 リツイート 昨日 23:03

ユカリ「聞いてよアカネチャン❗️」 アカネ「ん❓」 ユカリ「良いこと思いつきました」 アカネ「なんや❓」 ユカリ「私 有名実況者になります❗️」 kitikiti_boy 「オイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイ猫にダイビング資格は要らねえよ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ

沈没してるシーンを観て 私「しゅき~✨✨」 母「あんたダイビング資格とったら?」

Twitterむらさめ@水分と塩分をとってね!@murasame_gegege

返信 リツイート 昨日 22:27

返信先:@Island0503Whale あー!小柄な人は筋肉質なんだよね!あっ、でも、うちの会社の工場長は小柄だけど筋肉質でもない😂爆 私よりちょっと身長低いかも😂きさくな人だけどね。 ダイビング資格までもってるなんて!!😵かっけー!!✨🐠 嫌味というかなんというか😂

海潜りたいなぁ。 いつかスキューバダイビング資格とって ゆらゆらしたい

ダイビングの国内人気スポット

ダイビングの国内人気スポット

夏場のレジャーと言われて思いつくものの一つには、必ずダイビングがあがるでしょう。神秘的な海底の非日常感はレジャーにはまさにピッタリです。
そんな人気高いダイビングのお勧めスポットをいくつかご紹介しましょう。
今や国内海さえあれば色々な場所で楽しむことができますが、もし休みをとることが出来るならばぜひ沖縄に足を運んでほしいと思います。
中でも沖縄本土ではなく離島の宮古島や石垣島ならばさらにお勧めです、海は非常にきれいで、気温も高いので本土ではまだ寒い春からでも海に入ることが出来ます。
また、観光地でもありますので、旅行を楽しみつつダイビングを楽しめます。
宮古島や石垣島の海底には非常にきれいなサンゴ礁が存在し、色とりどりの魚の群れや運が良ければウミガメやマンタにも遭遇するかもしれません。ダイビングをしたくて本土から移住してきた人たちも沢山います。
ぜひ一度国内の人気スポットである石垣島や宮古島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ダイビングの資格について

 ダイビングには特別な資格が必要で、取得までにはお金と時間がかかるというイメージがあります。
しかし、ダイビングを始めるだけならそのようなものは必要ありません。ライセンスがなくても海に潜ることはできるのです。
ライセンスがなくてもできるものは体験として行うものです。これは、水中で呼吸さえできれば、あとはインストラクターに全てを任せることができます。
このような体験のみなら誰にでも海に潜ることができます。一方で、資格が必要な場合は、インストラクターに任せていた部分を自分1人で行うことができるということです。
この資格は「オープンウォーター・ダイバー資格」といい、取得者が楽しむものを「ファンダイビング」といいます。
このファンダイビングを続けることにより、スキルを磨き、より上級者向けの海に挑戦できたり、海の生き物たちに近づくことができます。
このように、ライセンスなしでも体験はできますが、より楽しむためにはライセンスが必要でしょう。