ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「海外 ダイビング」
に関連するツイート
Twitter

ダイビング、シュノーケリング、キャンプ、海外旅行、今度の休みに何をしたいか考えて楽しく生きよう

Twitter励まし激励bot@saveme7777

返信 リツイート 14:07

2019.7.14 #富士川丸 船倉には戦闘機やその部品、他にもいっぱいあるようです! ドラム缶もいっぱいありました! 三角のドラム缶も珍しいですよね そもそもドラム缶なのか分かりませんが… ドラム缶って浮いちゃって天井についてるイメージだったのですが、鎮座してる… #ダイビング #沈船 #海外 pic.twitter.com/ZnoOWWgpu9

海外旅行はダイビングありきでサイパンやプーケットに行ったけど、サンエン台湾の動画を見てると、まなの食レポが上手すぎて、食べ歩きだけでも台湾に行きたくなってしまう! 耳かき店に行って、『アブラ』と言われたい(変態先生か、笑)! たぶん、行かないけど、(^_^;) #サンエン台湾

返信先:@TB_C_bot 海外モノだから相手の股間にダイビングスライディングでもすんのかと思ってたw

ダイビング、シュノーケリング、キャンプ、海外旅行、今度の休みに何をしたいか考えて楽しく生きよう

#サバゲーマーのサバゲじゃない趣味 海外ダイビングしたり海水水槽立ち上げてたり釣りしたりしてるよ! アニメはMLP見てるよ!MLPは可愛くて平和な長寿アニメだから観ることを勧めるよ!てか、観ろ。 pic.twitter.com/mYL6SJq8jl

Twitterアキガワ@また日焼けして体痛い@akigawa_MLP

返信 リツイート 昨日 17:58

夏休み海外には行けないけど 非日常を味わいたい人おすすめ なのが、伊豆大島🏝🚢🐳 大自然で生活することができ ✅ダイビング ✅飛び込み ✅温泉♨️ ✅砂漠🏜 ✅登山⛰ ✅動物園🦁 ✅星空ウォッチング が楽しめる! 東京から2時間弱でアクセス できるので是非訪れてみては いかがでしょう? pic.twitter.com/ioAMMfTUs4

Twitterこーすけ@旅するボディビルダー@koske_diet

返信 リツイート 昨日 17:37

大人になったらしたいこと 30巻くらいの完結してる漫画の大人買い 子供のビールと大人ビールの飲み比べ 「コーヒー?うん飲めるよブラック」 海外ダイビング

Twitter越野宏明雑多メモbot@Koshimemo_bot

返信 リツイート 昨日 16:00

このツイートをキッカケに皆さんの初海外エピソードを聞かせてもらってるのだけど、皆さん濃ゆい経験されてるようで…😳 ちなみに私はオーストラリア一人旅で、ダイビングとスカイダイビングとバンジージャンプとラフティングとやりまくって、クレイジーガールというあだ名をいただきました😍w

Twitterりの@女子旅専門家🐫@ririririnotan

返信1 リツイート1 昨日 14:13

《10年ぶり》 私の10年ぶりの海外渡航はフィリピン🇵🇭 ずーっと"1人海外デビュー"したかった☝️✨ 1人沖縄ダイビングは経験したものの 海外はお初 ↓ 🇺🇸セドナ行ってみたいけど ↓ でも せっかくならTwitterで知った人を訪ねたいな ↓ こちらの しまむらさんの学校を見たい と図々しくも決めました😆

Twitter『独学✖️留学・ワーホリなし』→『英語マッチョ』に☆英語の先生Naoko@naocommunity

返信 リツイート 昨日 12:30

海外でおすすめのダイビングスポットは?

海外でおすすめのダイビングスポットは?

海外のダイビングスポットと言えば様々な場所を思い浮かべますが、世界中のダイバーが憧れ、彼らに愛される海外のダイビングスポット、シパダンをご存知ですか?シパダンはマレーシアのボルネオ島にあり、美しい珊瑚礁に囲まれた島です。
近隣には、マブールやカパライと呼ばれるシパダン同様に有名なダイビングスポットがあります。
日本からシパダンのアクセスについてですが、まずマレーシアのクアラルンプールかボルネオに飛行機で行き、国内線を乗り継ぎタワウ空港に行きます。
そこからセントポルナ港まで車で移動した後、ボートに乗ってマブール島に到着。
さらにボートでシパダンに行くという正直大変長い道のりです。
アクセスが不便であることが難点ですが、他にはない多様性溢れる海洋生物とその美しい海中景色を堪能することができます。
注意点としては、サバ州政府が自然保護のためシパダンへの入島制限をしていること、2016年2月時点で外務省よりサバ州東海岸に渡航中止勧告が出されていることから、シパダンやその周辺島を訪れる際には、こういった情報に十分留意する必要があります。

ダイビングで出会う人気のクジラ

海中生物での最大のクジラは、古くからダイバーに人気の生物です。
ホエールウォッチングを組むダイビングショップやツアーも数多くあります。
昔からマンタやイルカと並ぶ大物生物です。
間近で観る海中のクジラは、ゆっくり動く壁のようで大きさに驚かされます。
数多く目撃された海域にあるスポットでは、スポットまで往復する間のボート上から見かける事もあります。
潮を吹いたり、大きな尾ひれで海面を叩くように泳いでいる姿を見かける事もあります。
その様子は迫力があり感動的です。
また野生のザトウクジラと一緒に潜るホエールツアーを企画しているショップもあります。
海況・天気・クジラの機嫌などの条件が揃わなければ、海に入れませんが、衝撃的な体験を味わうことができます。
一緒に潜れるとガイドが判断した場合は、できるだけ音を立てずにエントリーしスキンダイビングをする必要があります。
大きく音を立てると逃げてしまうからです。
カメラ撮影ではストロボの使用が禁止されています。