ダイビングの情報が満載!

ダイビングを始めてみよう!
「ダイビング 事故」
に関連するツイート
Twitter

ダイビングの安全性について不安がある人もいると思います。水中にいるということから危険性を考える方もいるでしょう。   この記事ではダイビングはマリンスポーツの中でも危険なものなのか、実際にはどのような事故が起こるのかをご紹介しようと思います。 #ダイビング lovelovelovesea.com/scuba-diving-a…

まあ、事故が起こらないようにな。あれ一応ダイビングの話のはずだから。

返信先:@keiichisennsei 遅刻の理由じゃないんですが、初めてのデート(札幌雪まつり)が余程つまらなかったのか、「お姉ちゃんがダイビング中に事故にあった」という理由で帰られました。2月の北海道で。

ダイビング中の事故統一スレ パート16 syokugyou-itiran.com/archives/2407

Twitter令和インフォメーション@tLhz8vaEUDduB4y

返信 リツイート 11/17(日) 9:27

素のダイビング使ってくるとか事故でしょもう 相手怖

Twitterくろもな@#ちゃんわか死刑@KURONEKOMONAKA

返信 リツイート 11/17(日) 1:16

返信先:@hakumai__1234 10年以上前からの疑問で…野暮な質問なのは分かってるのですが、皆主張してるので気になってしまって💦 因みにジェットスキーから事故で転落してしまったことはあるのですが、ちゃんと泳いでいたのでスゴイな〜と思いました! スキューバダイビングしてたこともありますよ! youtu.be/2XpDgKRYowE

ざっと検索したところ、そもそもダイビングでサメに殺されるのは「世界で」年間10人程度と、日本だけで60万人いるアクティブダイバー人口から考えると自動車事故よりもはるかに珍しい上に、生理だから襲われる可能性が上がるというデータはないようで。世界で年間10人じゃあデータとれませんね。

RT @yamashin1: @tukue_ryunosuke 道場以外にもダイビング系とかでもよく見る誓約書だけど、「万が一の危険は覚悟して来てね」と一つ心理的ハードルを設けてるんだろうね 知ってるとおもうけど、事故が起きても一切免責というのは民法90条で無効

返信先:@tukue_ryunosuke 道場以外にもダイビング系とかでもよく見る誓約書だけど、「万が一の危険は覚悟して来てね」と一つ心理的ハードルを設けてるんだろうね 知ってるとおもうけど、事故が起きても一切免責というのは民法90条で無効

ダイビング中の事故統一スレ パート16 syokugyou-itiran.com/archives/2023

Twitter令和インフォメーション@tLhz8vaEUDduB4y

返信 リツイート 11/13(水) 20:24

インドネシアで発生したダイビング中の事故

インドネシアで発生したダイビング中の事故

インドネシアはとても海がきれいであり、人気の観光地であるバリ島があります。
日本人の観光客も多く、休み期間にはよくバリ島にダイビングをしに行く人が多くいます。
しかし、ダイビングとは自然である海という得体のしれない恐怖がすぐ隣に存在するスポーツです。
2010年にも日本人観光客の中にも事故で亡くなった人がいます。
海では行方不明になりやすく、そうなった後も探すことが困難です。
なぜ困難かというと海上では人数をかけて捜索することができない、空からの捜索でも波などが邪魔して見つけることが難しいということ、探す側の危険が伴うことなど様々なものがあります。
また、事故に置きやすいという人は何度か観光地に足を運んでいる人が多いというデータがあります。
何度もインドネシアのような観光地に行っているからと言って油断するのではなく、何度も言っているのだからこそ海の脅威に注意し、さまざまなことを考えながら海と接していかなければいけません。

ダイビングの免許収得にかかる金額

ダイビングの免許を取るには、ある程度の金額がかかります。
その金額は、都市型のダイビングスクールで取るか、リゾート地のショップなどで取るかによっても変わります。
都市型のスクールで取ると6~8万円ほどかかりますが、リゾート地で取ると3万円ほどで済みます。
しかし、リゾート地のショップの場合は旅費が発生することが多いので、それも考慮する必要があります。
また、リゾート地のショップで取った人は、ペーパーライセンスにしてしまうことが多いので、免許を活用したいのであれば、都市型のスクールで取ったほうがよいかもしれません。
そして、上記の額には、「学科講習費」「プール講習費」「器材レンタル代」「保険料」「カード発行費」「試験費用」といった物が含まれています。
スクールにしろショップにしろ、提示された費用にこれらが含まれているかということはしっかり確認してください。
あまりに費用が安い所は、これ以外の項目について請求してくることがあります。